描写の難しさ

ここ最近はシナリオの進みが速くて今のところ38kbまで書けました。まだまだ共通ルートの途中ですが、その中でちょっと分岐する部分を三人分書いて一段落ついたところ。

乙女ゲーと言うこともあり、各攻略キャラクターの特性を出さなければいけない。やっていることは同じなのに(射撃場で撃ち方を教えてもらう)それを三人分、金太郎飴にならないよう注意しながら書いてますが、どうしても同じような展開になってしまうところもあり、苦戦してます。

それと、銃がどうとかの描写がやたらと多くなってしまうので、これで乙女ゲーでいいのかちょっと悩んでしまう部分もあったり。
このゲームは架空の話ですが、描写に関しては本やネットを参考にしつつ、ほどほどに実際のもののように書いてます。あんまり細かい部分を書くと自分の無知さをさらけ出すことにもなるし、内容的に余計なものに感じるのでさじ加減が難しいところ。さすがに銃を撃つなんて実際にそう簡単に出来ることじゃないので経験したことを書くとか出来ないし、レーザー銃なんて架空の武器が出てくるのでそれらが上手く書けてるかどきどきしながら話を考えてます。

後はレーザー銃に関しては実際の実弾の銃のようなつくりもありますが、都合のいいところで架空のつくりをしてます。まあ、このゲームをプレイする人なんてあんまり兵器のことなんて興味のない人が多いだろうから、いい加減でもいいかなーなんてやってたりもしたり。もし詳しい人がプレイするのなら笑ってやってください。






最後に、公開まで黙っていようかなと考えていた攻略キャラクターの大雑把な性格をもう書いちゃいます。

・気のいいあんちゃん

・女好き

・寡黙


の三人です。

主人公は気性が荒めで人生舐めくさってる部分のある性格にするつもりでしたが、書いているうちに性格のいい娘になってしまったのが自分の中では惜しいところ。なんとなく四作目のルーシーに近いです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

Page top