五作目は……

五作目のネタをただいま考え中。

以前、五作目はSFといいましたが、もう一つ案が出てきたのでどちらにしようか迷ってます。
その二つの案は、


・三作目の世界観を使った、燃え要素のある乙女ゲー

・普通の攻略キャラクターがいない、ファンタジーな世界観の乙女ゲー


です。


乙女ゲーと称しておりますが、多分一般的に言われている乙女ゲーとは一風違う感じになると思います。

それは私自身、いくつか乙女ゲーはプレイしたことがあるのですが、なんかぬるい。生ぬるいと感じています。もっとこう、もっとハードに、もっとワイルドに、とかエンジョイ&エキサイティングな感じが好きなのと、男キャラが男臭くなさ過ぎるのが嫌なんです。スネ毛も満足に生えてない感じのキャラは好きじゃありません。

じゃあなんで乙女ゲーなんて作るんだよって話ですが、自分が作ったゲームで女性が主人公だとなんか恋愛ものに発展してしまっているので、だったらキャラクターを複数用意してそれぞれ選べられるようにしたらいいんでない?と思ったのと、自分がそういうのを作ったらどういうのが出来上がるのか試してみたいと思った部分が二つあります。


しかし、私の中では、一般的に乙女ゲーといわれるタイプのゲームの定義はよくわからないので、

・主人公が女性

・異性が複数いて、プレイヤーの好みでどれとくっつくか選べられる


というのを乙女ゲーとして作ります。なんでプレイヤーのお気に召さない部分もたくさんあると思います。文句を言いたくなる話も書くかもしれません。が、私にとって一番楽しいと感じるものを作るので広い心で見てやってください。


今まで作ってきた四つの作品の傾向を見れば私がどういうのを好きか分かるかもしれません。自分でこういうのが好きだなと感じるのは、主人公が精神的、或いは肉体的(また或いはその両方)にひどい目に遭う、お気に入りのキャラクターを作中で死なす、だと思います。(自分で書いといてなんですが、ひどいね)





でもって、フラグ管理などのややこしいことは出来ないので、単純な分岐で攻略することになると思います。今のところ考えているプレイ時間は、共通30分~1時間、個別ルート1~2時間の規模で作ろうと思っています。完成時期は来年の前半を予定しております。

それと、乙女ゲーというジャンルにしても女性だけでなく、男性もプレイしてもらえるようなものを作りたいなあなんて考えたりもします。なので出来上がったら男性の方もプレイしてみてください。







あと、ギャルゲーも作ってみることも考えましたが、男主人公だとなんか恋愛に発展しない感じに話がなってしまうのでやめました。女キャラより男キャラを書いたり、描いたりする方が好きってものありますが。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

Page top