今作の進捗状況と、六作目の構想

一週間以上かけて、シナリオはやっと2kbほど進みました。
あと残り一人、と気が焦ってしまい、プロットを何度も書き直していくうちに形にはなってきましたが、果たして面白いと思ってもらえるような話になるかどうかは文章として仕上げないと分かりません。
おまけに、六作目の構想をすることで逃げている部分もあったので、なおさら遅れてしまっています。作品を完成させるということは本当に難しいです。ときどき、なんでこんなの作ってるんだろうと思ってしまうこともあったりして、一人悶々とすることも。

あとはクークルートのCGさえ描けば、絵関係の作業は終わりだと思っていましたが、エンドロール用に絵を一枚描くことをすっかり忘れていました。手付かずのCGは6枚に。エンドロール用の絵は絵的には全員集合な感じのものになると思います。


進捗状況は、シナリオ85%、絵全般70%、組み込み70%、素材探し95%という感じです。




ちなみに、六作目も乙女ゲーのつもりですが、今のところ私の頭の中では中世ヨーロッパ的なファンタジーで(魔法とかそういうのはなし)、暴力描写(特にこれが多い)、性描写ありで15禁。限りなく既存の乙女ゲーとは違うけどやっぱり乙女ゲー、として考えています。コンセプトは「見た目バカゲーだけど、中身はハードな乙女ゲー」という感じに。調べ物も多いので資料は少しずつ集めています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

Page top