下描き一枚

「上腕二頭筋の詩をうたえ」はウェルドルートのイベントCGの下描きが7/8に。ここ一週間ほど思うように描けなくて手をつけていませんでしたが、じわじわと制作は進んでおります。

ただ進捗を書くだけなのもなんなので、イベントCGの一枚を少し。

20161216.jpg

20161228.jpg

↑上がアタリ、下の絵が下描きです。

場面的にはすごく重要なシーンなんですが、ネタバレ度は低いと思うので載せました。

自分で考えて描いておきながらなんですが、モブを描くのと普段描かないアングルなのでだいぶ手間取ってしまいました。でも前よりかは少しは描けてる気がするので成長は多少はしているのかもしれません。

今作はこういったモブがたくさんいるシーンがいくつかあるので、なおさら時間がかかっています。特にシエッポルート。

私は絵を描くときはアタリをとって、それからそのレイヤーにラフから下描きまで描きます。もともとレイヤーの管理が苦手なのと、ArtRage4のレイヤー管理がしづらいということもあり、なるべくレイヤーは少なくしているためです。


早く塗りに移行したいですが、線画も描かないといけないですし、下塗りもまだまだ時間はかかりそうです。
スポンサーサイト

予定とおすすめ

「上腕二頭筋の詩をうたえ」はイベントCG一枚分の下描きが描けたくらいです。最近絵を描くことの集中力が落ちているような気がするので、とにかく時間をかけてもいいからきちんと描くようにしています。


このゲームは2017年の春公開予定ですが、今のところの自分の中でのスケジュールは


・一月で立ち絵、イベントCGの清書、下塗り完了
・二月で塗り完了
・三月でスクリプト、UIデザインとテストプレイ
・四月でテストプレイヤーを募ってテストプレイしまくり

なので、五月初めくらいには公開したいところです。しかし順調にいくとは限らず、じわじわと遅れが出てきているので、予定は飽くまで予定です。






それと、今steam(http://store.steampowered.com/)でウインターセールが始まっており、いろいろと安くなっています。私が普段使っているグラフィックソフトのArtRage4も半額になっており(http://store.steampowered.com/app/231180/)おすすめです。

他にも乙女ゲーもそこそこあったりしますし(タグでotomeと検索すると出てくる)いろんなジャンルのものがあるのでとにかくおすすめします。私はこのサイトを利用し始めて五年ほどですが、以前よりも利用しやすくなったのと、ゲームの言語に日本語が増えてきたことでなくてはならないサイトと化しています。私は今回のセールではWatch_Dogs 2などを買う予定です。

自身の成長度合がわかる

「上腕二頭筋の詩をうたえ」はボダルートのスクリプトが三分の一ほど終わり、ウェルドルートのイベントCGのラフが6/8になりました。

絵を描くのは難しいとつくづく感じます。シナリオも難しいですが、今作はほとんどプロットを作らず書いたのでノリでもなんとか書けるかなあという気もします。(ノリで書いても一年以上かかりましたが…)しかし絵はそうも言ってられません。描かなきゃ上達しないというのはわかっていますが、なかなか描く気になれなかったり描いても思うように描けなくて投げ出したりもするので、ほんと難しいです。

でもゲーム制作を始めて五年ほど、最初に作ったときのものの絵と比べるとだいぶマシになった気がします。


sisaku2.jpg

↑「復讐の先に見えるものは…」のイベントCGです。この頃は長年絵を描いてなくてだいぶブランクがあった上に、上達しようにもどうしたら絵が上手くなるかわからずただ描いていたときのものです。

PCで本格的に絵を描き始めたのはちょうどゲーム制作を始めた頃でして、イラストスタジオで描いていました。ピクチャフォルダにその頃の絵がたくさん残っていますが、さすがに人に見せられるようなものじゃないのでこのイベントCGを載せるのが精一杯です。
ブログの最初の頃の記事を見れば当時の絵も出てくると思いますが、そのままにしているのは自分の成長具合をわかるようにしたいので消さずに残しています。自分的には日記帳に近いものなので、忘れた頃に見返したりもしてます。




以下、拍手コメントのお返事↓

スクリプトは順調かも

「上腕二頭筋の詩をうたえ」、ウェルドルートとシエッポルートのスクリプトが終わりました。ただし立ち絵などはまだなしの状態ですが。

テストプレイもちょっとずつ進めており、主にウェイトなどの指定を直したりもしています。今はゲームとしてはとりあえず動きますし、たとえ公開したとしても何ら支障のないものになってはいますが絵が背景しかない状態なので、やっぱりここぞというときに絵が挿入された方が演出も華やかになってプレイするときに楽しいと思うので、制作はまだまだ続きます。

で、現時点でのスクリプトは背景と音のみの指定だけなので、立ち絵などが出来上がったあとにそれらを入れ、それでもうちょっと演出を細かくすると思います。例えば背景を揺らしたりなんだり。実際立ち絵がどう上手くはまるかがまだ予想がつかないので、そういう細かい指定はあと後になる感じです。気持ち的には商業レベルのものを目指しているので、それくらいにはしたいなあとちょっと無謀なことを考えたりも。まあどうなるかはわかりませんが。


今はボダルートの組み込みを進めているところです。絵はこれと言って進んでおらず。しかしまだラフや下描きレベルのものしか描けていませんが、個人的にはかなり気に入った構図のものもあったりするので、それらをさらにいいものに仕上げたいと色々研究している最中です。
ここに載せてしまいたいと思ったりもしますが、思い切りネタバレになるのでそれは出来ず。



あと、おまけのことを全然考えていませんでしたが、後日談的なものはエンディングの余韻が壊れる気がするのでなしの方向で。一応グッドエンドを見ると一枚絵的なものが見られて、バッドエンドも含めてすべてのエンディングを見ると何か特別なおまけが見られるという風にしたいです。
Page top