モチベ上げと地雷について

ここ何日かシナリオを書くモチベーションがだだ下がりで全くといっていいほど書けない状態だったので、模写のついでに各キャラを描いて、もっと愛着を湧かせてモチベーションを上げようと試みました。

20150131_1.jpg    20150131_3.jpg

20150131_2.jpg    20150131_4.jpg

その結果がこちら↑

これだけ描くのに三日もかかってしまいましたが今の段階では思ったより描けてると思います。しわの描き方を少し変え、なるべく腰周りが細くならないように描きました。塗りは服装などの色をはっきりと決めていないので線画のみ。どうも私は遅筆らしく、線画一枚仕上げるだけで早くて二時間、遅いと四、五時間はかかります。もうちょっと素早く描けるよう努力していきたいと思います。とりあえず描くだけ描いたので、シナリオも進めていきます。



今回の乙女ゲーに関して、自分の中で入れていきたい設定というか要素を思いつきました。それは公開されてからの秘密ですが、大半の方にとっては地雷(苦手な要素)だと思われます。なので、それの注意書きをゲームをプレイするときにどこかに入れようと考えています。この絵を見れば分かるかと思いますが、はっきりいって既存のものとはかなり毛色が違うので、ちょっとでも不安に感じた方は今作をプレイしない方が賢明かと思われます。それだけ乙女ゲーらしからぬものかと。でも私はどうしても入れたいのでやっちゃいます。
注意書きは具体的には書きませんが、地雷があるかもしれないので注意してくださいとだけ書きます。あんまりあれこれ書くとプレイするときの楽しみが薄れるのでそうします。

既存のものが綺麗な湧き水なら、私の作るものはドブ水だと自分では思ってます。たまにはこういうものがあってもいいんじゃないかと、気に入ってくれる方もいるんじゃないかと淡い期待で頑張って制作していく次第です。
スポンサーサイト

進捗状況とオススメ教えて

乙女ゲー制作の進捗状況ですが、前回の記事から全く進んでおりません。風邪を引いたりなんだりして作る気力がなかったのと、共同制作の方を優先していたのでそうなってしまいました。


共同制作の方はシナリオをすでに書き終え(シナリオ量50kb)組み込みの段階まできています。初めて使うツールのため、色々悩みながら作っていますが、まあなんとかなってます。こちらの方は春完成予定なので自作ゲームは制作スピードをやや落として両立していきたいと思っています。どうしてもどちらかを優先しないとどっちつかずになるので。

共同制作用のブログはこちら↓

http://ameblo.jp/dnovel

アメーバのアカウントがなくてもコメント等出来るので、もし何かしら思うところがあればお書きください。私含め制作者全員が喜びます。




最近PSPのソフトが安くなってきてるので、参考にと乙女ゲーをちまちま買っておりますが全く手をつけていません。なんかみんなどれも同じに見えるのでなかなかこれをプレイしよう!と思う気持ちが湧いてきません。もしこれがオススメ!というものがあれば教えてくれるとありがたいです。機種に関しては乙女ゲーが出ている機種は大体持っているので何かいいのがあればお願いします。個人的に好きなキャラクターの傾向は筋肉質なキャラ、おっさん、臭い台詞を吐かないキャラ。好きな話の傾向は身体の関係から始まる恋愛、恋愛一辺倒じゃない話です。18禁でもなんでも受け付けます。

一部抜粋

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。今年は共同制作のゲームと乙女ゲーの二本を完成させたいところです。


ウェルドルートは31kbまで書けた状態で数日間ストップしてます。その場面に合った文章が思うように浮かんでこないのと、キャラが思ったよりもいい奴になってしまったためです。
ウェルドは本当はもっと極悪人な感じで、「人を殺したあとは小便がしたくなる」(元ネタは北斗の拳)とか言い出すようなキャラにしたかったんですが、陽気なあんちゃん寄りになってしまってます。乙女ゲーとしてはそっちの方がいいのかもしれませんが、個人的には物足りない感じです。

推敲をろくにしていない状態ですが、シナリオの一部を抜粋すると


優しげに言いながら、ウェルドはいきなり私の頭をよしよしと撫でる。
【ヴァニラ】
「やめてよ!! 何いきなり人の頭撫でてるの!? 敵対してる相手にこんなことするなんて信じられない!!」

この男のしたことに驚いた私は、身をよじってその手から逃れようとする。
【ウェルド】
「いいんじゃね? これくらい。オレはお前と敵対する気はさらさらないし、身動きできない状態ならいくらでも出来るからな」

そう言ってまだ撫でるのを止めない。
【ヴァニラ】
「いや!! 好きでもない男にこんなことされるくらいなら死んだ方がましよ!」
【ウェルド】
「あ、ひでえ。そんなこと言っていいのかよ。よーし、だったらもっとやってやる」
【ヴァニラ】
「ちょ、ちょっとやめてってば!! いやー!!」

わしゃわしゃと両手で頭をこねくり回すように撫でられ、私の髪はくしゃくしゃになってしまう。

そんな嫌がる態度の私に反してウェルドは楽しげで、とてもじゃないけどさっきまでの素振りが嘘のように感じられた。



出会ってさほど時間が経っていないときの話です。どんな展開かは伝わりにくいかもしれませんが、二人のやり取りは最初はこんな感じになります。それと、多分このシーンにイベントCGが入るかと。

とりあえずはキャラクターの性格が固まってきた状態なので、このまま話を進めます。もし問題が生じたらそのときはそのときで内容を変えていくことになると思います。
Page top