次回作の案

次回作の乙女ゲーの設定やなんかについて色々書こうかと。


このブログやツイッターでも何度も書いたと思いますが、次回作は中世ヨーロッパ風ファンタジーものになります。
主人公は傭兵で、戦場に出るとかじゃなくて一つの街に留まってそこで仕事を請け負って働くって感じで。そこで攻略対象と知り合ってどうこう……という話になるかと。ちなみに15禁です。どうして15禁になるかは、まあそういう内容だからです。あえてこういう表現があるからとか言いません。(ふりーむで公開するときには自主規制表現欄にチェックを入れるので、それで分かると思いますが)良い子はプレイしちゃ駄目です。(もちろん悪い子も)今まで公開した私の作ったものをプレイすれば傾向が分かると思います。
とりあえずは攻略対象は二人にしときます。一つの話でいくつもの分岐を考えるのが自分が思っているより苦手なようなので、今回は少なめということで。
で、その攻略対象のキャラクターですが、設定としてはどういうキャラクターなのか決まっています。もう発表してしまいたいところですが、公開まで先が長いのでそれは秘密ということにしておきます。いずれ製作中のゲームの紹介ページを更新したときにでも載せます。細かいデザイン面に関しては、自分の技量がまだまだなので画力向上しつつ細かく決めていきたいです。


20140730.jpg

↑はとあるキャラクターをとりあえずこんな感じかなーで描いてみたもの。資料を色々見たりしたところ軽装のものがあまりないので四苦八苦して描いてます。あまり重装備にならないようにしつつ、守るところはきっちり守るという風な装備にしたいとかありつつ、ある程度は現実味がある方がいいかなーなんて考えてます。でも、ものすごいモブ臭というか、地味な感じになってしまうのでまだまだ改良の余地はあります。




ついこないだ公開した「三つ数えて恋の火をつけろ」は初めて作る乙女ゲームということもあり、色々と既存のものに倣って試行錯誤しながら作ってみたものです。(人によってはそうは感じないかもしれませんが)しかし次回作のものは(タイトル未定)そういうことを気にせず、自分なりの乙女ゲーを追求してみよう、自分だったらこういうのがやってみたいなあという気持ちで作っていきます。なので、大抵の人はこんなの乙女ゲーじゃねーよバカヤロー!と思う内容になるかもしれません。まだプロットを作っていないので、どんな展開になっていくか自分でも分からないですけどね。
でも、確実に言えることはただいまアンケートでとっているので分かると思いますが、立ち絵のある男のキャラクターはガチムチの筋肉質なキャラしか出てきません。線の細い美少年とかは一切いない世界です。
スポンサーサイト

「三つ数えて恋の火をつけろ」公開しました

三つ数えて恋の火をつけろ

五作目、ふりーむ!様にて公開されました。



ダウンロードはこちら↓

http://www.freem.ne.jp/win/game/7194


よければプレイ後のアンケートにお答えください↓

http://enq-maker.com/cnp0FC2


【タイトル】三つ数えて恋の火をつけろ
【ジャンル】主に女性を対象とした恋愛ADV
【制作ツール】 LiveMaker
【動作環境】 Windows98/98SE/Me/2000/XP/Vista/7
【画面解像度】800×600
【配布形態】フリー
【対象年齢】全年齢(多少の暴力、流血表現あり)
【攻略人数】3人
【ED数】6つ
【イベントCG枚数】21枚
【プレイ時間】全ルートクリアで4~5時間ほど
【制作】あほちゃん



あらすじ、キャラクター等は以下続きから↓

残りの作業は

シナリオをおまけ含めて全て書き終えました。全部合わせると471kbほど。時間にして4~5時間くらいの読む文章量になりました。
三人の攻略キャラのそれぞれのシナリオ量は大体同じくらいですが、クークルートに関してはほんの少しだけ他のキャラに比べてシナリオが短いです。これはただ単に私の技量の問題で、特に差をつけたりしたわけではないです。



残りの作業はイベントCG三枚半(一枚は下塗りまで済んでいるので、半分ということで)描くのとクークルートの組み込み等で制作完了となります。今のところの予定では来週末の26、27日辺りには公開できると思います。ふりーむで公開するつもりなので、申請すれば早くて数時間ほどで登録されます。


それと、重要なことなのですが、製作中のゲームの紹介ページを見れば分かりますが、対象年齢を12歳以上推奨から全年齢に変更いたしました。今回の内容的にギリギリで全年齢のものとなっております。もしかすると人によっては12歳以上推奨と感じるかもしれませんが、私としては別に年齢制限がどうこういうほどのものとは思えないので、そうさせていただきます。ご了承ください。

残り少々、とか

残りのクークルートのシナリオ、70kbまで書けました。おまけを含めるとあと60kbほど。やっと折り返し地点をちょっと過ぎたところです。ここ数日で制作スピードが跳ね上がってきて、やる気が出まくっている状態なのでまあなんとか。

このシナリオさえ完成すれば、後はイベントCGを描いて、組み込みして、このキャラ分の自作CGモードの素材を作って完成。工程は多いように見えますが今作の今まで作ってきた量に比べたら微々たるものです。こいつさえ除けばゲームはほぼ完成状態なので。


今回作っているものは思ったよりも全体の量が多く、一人で作るのは大変です。管理も上手く出来てるかどうか分かりませんが、なんとかやれてるとは思っています。あとちょっと、あとちょっとで完成します。楽しみにしてくださってる方がいるかどうか分かりませんが、もう少しだけお待ちください。



それと、以前書いた共同制作の話ですが、もうシナリオを書く段階まで来ています。こちらのブログにてあらすじを書いていますので、よかったら見てやってください。私の書くものはこんな感じです。初めて書く現代劇ものなので自信はあまりありませんが、面白いものを書けるよう努力していきます。よろしくお願いします。

制作状況とアンケート

イベントCG15枚分塗り終わり、残すはクークルート分の6枚となりました。3枚はだいぶ前に出来上がっていた状態なので、12枚分はちょこちょこと間に他の作業もしていた部分もありますが、それだけで二週間近くかかっていたことになります。

あと、タイトルCGもまた塗り直しました。どうしても塗りが雑だなあと感じてしまい、ゲームを始める最初のところでこれは駄目だろうと思って主に髪と肌の塗りを直すことに。
今作の立ち絵、イベントCGを最初に描き始めてから半年ほど時間をかけているので、どうしても絵に差が出てしまっています。なので、実際にゲームとして遊んだときにそれが目立ってしまう可能性が強いと思います。それと背景が描けないのでだいぶごまかしている部分も大きいです。ご了承ください。



それと、アンケートを変えました。次回作を作るときの参考にさせてもらいます。もし「やりたくない」ばかりに票が入ったとしても企画を変えるわけではありませんが、皆様がどういった考えを持っているのが知りたいので設置してみた次第です。
Page top