コメント返信10/03

「淫らな君へ贈る言葉は」はイベントCGの下描きの五枚目を描いている最中です。一応全部で十枚なので、下描きに関しては折り返しに近い感じです。



以下、拍手コメント返信↓


スポンサーサイト

ゲームのプレイ後アンケートについて

ちょっとお知らせ。

「三つ数えて恋の火をつけろ」から「上腕二頭筋の詩をうたえ」の五作でプレイ後アンケートを集計していたアンケートツクレールというサイトが、9/30でサービス終了するそうです。なので、そのサイトが終了するのをきっかけにこれらのアンケートを閉め切ろうかと思います。今月いっぱいまではアンケートを受け付けているので、答えてやろうという方はよろしくお願いします。

しかしアンケートはやめても感想などはどしどし受け付けている状態ですし、外部のサイトなどでレビュー、感想でも大歓迎です。

ゲーム制作の話ではあるけれど、雑記で

「愛を一滴、欲望を二滴」はシナリオがじわりじわりと進んでおります。


それで、この先体験版を作れるくらいまで制作が進んだら、DLsite.comに登録しようかと思っているのですが、それで考えたことが一つ。
「愛を一滴~」は乙女ゲーなので女性向けとして登録しますが、「温かく、暖かい冬、なのか」のリメイクはどうしようかということです。

それは一応男性向けとして作る予定ですので、男性向けとして登録すればいいことなのですが、プロットを書き出したり話の流れを考えたりすればするほど、女性向けでもいけるんじゃないかと思ったりもするのです。
18禁的な内容が主人公が、一人の男キャラといちゃラブする的な要素が多分にあると思うので、ある意味乙女ゲー的な部分があるかもしれないなあと感じているためです。
でも、開幕早々が輪〇シーンなのと、終盤に入ってくるあたりで恋仲になったその男キャラが自身の勝手な理由により主人公をおかしたりもするので、女性向けだとあれかなーとか思ったりもしてます。

色々考えてますが、まだまだ先のことなのでどうとも言えない状態ですが、今の段階ではちょっとした悩みになっています。
一般向けの18禁的なものがあればいいのに、と思いますし、性別でジャンル分けするのは元々好きじゃないので、色々面倒くさいなあと思ったりもしてます。

支離滅裂な考えだと思いますが、とりあえずはこんな感じで考えてます。



それと、「愛を一滴、欲望を二滴」の18禁的要素はそれなりにハードな内容かなーと思います。特に義兄ルート。
まだその該当するシーンをしっかり書いたわけではないので、これまたどうとも言えない状態ですが、こういう風にやる!と決めているので、そうなるかと。
あとは設定として、主人公はしょっぱなから義兄に対して好感度マックスです。乙女ゲーとしては異色かもしれませんが、そのことがあるからこそ物語が展開していくという風になっております。

グラフィックソフト変えてみた

つい先日、Krita Gemini(http://store.steampowered.com/app/280680/Krita_Gemini/)というグラフィックソフトを買いました。

元々はフリーソフト(https://krita.org/jp/)で、私はsteamの方で管理したかったのでそちらで買いました。

まだ慣れていないので試行錯誤の真っ最中ですが、こんな感じに描いています↓

20170604.jpg


基本フリーソフトでこれだけ機能が充実しているのはありがたいです。日本語も対応していますし。
これで慣れて、もしArtRage4よりも使いやすいと感じたら、次回作はこれで絵を描こうかとも考えています。




あと、「上腕二頭筋の詩をうたえ」誤字脱字修正したものをふりーむに上げました。バージョンは1.1です。最初のバージョンを落とされている方はそのままでもほとんど支障はないので、文章の間違いが許せないという方以外は改めて落とさなくても大丈夫です。

拍手コメント返信2

ただいま昨日届いた「天結いキャッスルマイスター」をプレイしている状態です。とりあえず一周クリアするまではゲーム制作はあまり手をつけないと思います。申し訳ないです。





以下、拍手コメント返信↓


拍手コメント返信

拍手やコメントなどのお言葉ありがとうございます。励みになっております。



以下、拍手コメント返信↓



自作品の二次創作歓迎します

長らくの間、自作品の二次創作を不可としておりましたが、それを撤回します。ファンアートでもなんでもお好きにお描きください。


なぜそうなったかの理由としましては、私個人が版権ものの二次創作をしたくなったためです。それをネット上には上げる機会は少ないとは思いますが、二次創作を不可としている人間がよそで版権物の絵を描いているという状況はおかしいと思いますし、以前よりも他人に自分の作ったものの絵を描かれたりすることに抵抗がなくなってきたためです。

ふりーむの方の説明文や作品に同梱されている説明書も書き換えの申請をしました。

考えていることがころころと変わりますが、これからもお付き合いいただければ幸いです。

そこそこ重要なお知らせ

「上腕二頭筋の詩をうたえ」の制作を進めてきましたが、その制作スピードをだいぶ落とし、今年中に完成、公開ではなく来年の春あたりに公開予定としたいと思います。

理由としては

・早く完成させたいという気持ちばかりで焦りがひどい
・絵が思うように描けない
・精神的に不安定で、それが作品に出るのを防ぐため(絵に表れやすいので)
・正直言ってフリーゲームの範疇でこれだけ手をかけても、それなりに反応があるかどうか全く予想がつかないので不安

です。

最後の理由に関しては、もういっそ有料で頒布してもいいんじゃないかと考えもしますが、でもこれでお金をとるなんてちょっとひどくないかと思いますし、フリーゲームとして制作を始めたんだから、最後までそれでいこうと思うのでそうします。
けれども、ただ作って自己満足するのなら承認欲求を満たしつつも自己満足したいという気持ちも強いので、ある程度の反応を期待してしまうのもあります。


あまり根を詰めすぎるとどこかしらで破たんしそうなので、頓挫するくらいなら延期した方が精神衛生上いいと思いますし、ここまで作ってきてなかったことにするなんて私としてはしたくないので、公開時期は伸びます。
楽しみにしてくださる方々には大変申し訳ないとは思いますが、こういう結果になります、お許しください。

とりあえず読んでください

ちょっと自身のゲーム制作に関して考えていることがあるので、この記事では長文で書き散らします。思いついたまま素直な気持ちで書いているので支離滅裂な文章になっているかもしれません。



私が乙女ゲーを作り始めたのは
・以前作った「温かく、暖かい冬、なのか」でいただいた感想で、女性向け的なことを言われたので、ああそうか、だったら作ろうということ
・自身の作るもので女主人公のものが恋愛に発展するものばかりだったこと
・具体的なカテゴリーわけされることによって自分の作るものが人の目に触れやすいということ
・単純にそういうのを作ってみたかった

という理由があります。

しかし、自分が見聞きする範囲でわかるユーザーの好みのうるささ、暗黙のルールなどに嫌気が差してる部分があります。(別に乙女ゲーが嫌いというわけではないです。嫌いだったらプレイしません。自分好みのものがないだけであって、だからこそ作っている状態です)
そういうことと、元々女性向けである乙女ゲーよりも男性向け(いわゆるエロゲー)の方が好きなこともあります。


なんというか、今作っている「上腕二頭筋の詩をうたえ」を公開したとき、好意的な感想よりも否定的であったり、そういった暗黙のルールを破ったことを責められるんじゃないかという恐怖の方が強いです。

以前にちゃんねるで晒し者になりましたし(私の書き方が悪いということがあるかもしれませんが)、不特定多数の方に自分の作ったものをプレイしてもらえるということになんともいえない恐怖心を覚えるということがあるからです。
もちろんいろんな方にプレイしてもらえて嬉しいという気持ちもあります。が、全員が全員私がわかる範囲で評価してくださることはないですし、わかる範囲では好意的なものがほとんどなので、その逆が怖いというか。
いろんな人に私の作品を知ってほしい、それによってダウンロード数が伸びてほしい、いいも悪いも含めた評価がほしい、それらがありつつも、誰にも知られずひっそりやりたい、ただ漠然と作ることだけしたいという二律背反の気持ちがあります。



とにかく言いたいことは、今作っている「上腕二頭筋の詩をうたえ」を完成、公開したらもうこのジャンルから手を引くかもしれないということです。
前回の記事で、乙女ゲー二つ分のネタがあると書きましたが、それらは別の形になって(一般向けや男性向けなど)作るかもしれません。

まあ一般向けだの男性向けだの女性向けだのそういったカテゴリーわけするのは馬鹿馬鹿しいと思いますが、それをすることで探しやすい、目につきやすい、自分の嫌いなものを見なくてすむ、ということがあると思うので、まあなんとか。
というかオタク界隈はどうしてやたらとカテゴリーわけをはっきりとしたがるのかわけわかりません。めんどくせえとすら感じます。あとゲームでのレーティングにやたらとうるさいのも。あきらかな18禁ならまだしも、12禁、15禁や推奨とかなんなんだよ、と。
それと少しでも否定的なことをいうとすぐディスっているとか。注意書きをかかないと文句言われるのもうぜえ。心狭すぎだと思います。(先ほど書いた「自分好みのものがない」というのもディスっていると受け取る方もいるかもしれません)


そういった考えが色々とあって、かなり疲れている感じです。

ゲーム制作自体はやめませんが、どこか私の作りたいものが作りやすい居場所にいくかもしれないというかいくと思います。
これから先自分の作るものがどう展開していくかは「上腕二頭筋の詩をうたえ」をフリーゲームとして公開し、「温かく、暖かい冬、なのか」を18禁として頒布するという予定以外はまったくわかりません。考えはころころ変わりますし、もし叩かれでもしたら心折れて制作自体やめるかもしれないです。
しかし「上腕~」は絶対に完成させます。これだけ時間をかけて制作してきたものを放り投げるなんてしたくありませんし、応援してくださる方々もいるので。

なんであれ乙女ゲーを作るのは好きです。方向性がはっきりしてますし、恋愛ものを作ること自体が好きですし。


色々と書き連ねましたが、こんな感じです。書かなくていいことも書いてるかもしれませんが、私はこう感じています。

小休止っぽい感じ

先週一週間はちょっと調子が悪く、全くといっていいほどゲーム制作が進んでおりませんでした。

それと、ここ最近はずっとアウトプットばかりでインプットをほとんどしてこなかったせいか、思うように話が浮かんでこなくなる状態にもなっています。それで、ゲーム制作のスピードを少し緩めて映画やドラマ、小説などを観たり読んだりしながらインプットの時間ももう少し増やそうと考えました。
それにアウトプットのこともありますが、最近早く完成させたいという焦りの気持ちともうゲーム制作をやめてしまおうかという気持ちが両方あって、どうしようもなくなってきているので、急いだり諦めの気持ちで制作をしてもいいものが出来ないと思い、完成が遅くなってもいいから納得のいくものを作りたいという考えでやっていきます。
なので、まだ今年に入って二ヶ月しか経っていませんが、それでも今年中に完成するのかも怪しい感じになってきているので、楽しみに待ってくださる方には大変申し訳ないです。どうか長い目で見てやってください。よろしくお願いします。


今観たりしているものですが、Huluという動画配信サイトに登録したので、そこで色々と動画を観ています。ハンニバルのドラマのシーズン2を観ていますがかなりグロイです。作りものでも実写のグロが苦手な私には結構きついものがありますが、元々原作を一通り読んでおり好きなのと、面白いのでときおり目を細めたり逸らしたりしながらも観ています。
小説はウィッチャーの原作小説を読んでいます。面白いのですが、最初の一巻しか翻訳されていないので続きが気になるのが玉に瑕です。私は昔から海外の小説ばかり読んできたので、それがゲーム中の文章に反映されているのかなあと考えたりもしています。
Page top