過去を振り返る

今まで作ってきた自作ゲームのことをちょっと振り返ってみようかと思います。これを見て何かしらの作品をプレイしてみようと思ってもらえれば幸いです。



めちゃくちゃ長いので、続きから↓


スポンサーサイト

愚痴的なものとしてお読みください。

ツイッターのサブアカウントの方でも呟きましたが、今タイトルを発表している分を作り終えたらゲーム制作はやめる可能性が高いです。もしくはやめなかったとしても、お金を取るシェアウェアに完全に移行するということがありえます。

なぜかというと、フリーゲームだけだともらえる対価はダウンロード数と感想やレビューだけなので、こちらとしても素材にお金をかけたりしても(今のところ音楽のみ)一銭にもなりませんし、もう六年もこうやってフリーゲームの制作をしていることにより、いい加減『作りたいから作る』という気持ちも薄れてきたので、何かしらの対価がないと制作するという意欲が薄れていると感じます。
あとは自分が作らなくても他の誰かが自分好みのものを発表してくれるという投げやり的な気持ちもあります。
それと自分の絵の下手さに過去作を見るのが辛いというのもあります(だからといって誰かに絵を頼むことはしたくありません)

それにフリーゲームの作品も増えているようなので、自分の作品がどんどん埋もれていくことが嫌になっています。どれだけ時間や手間をかけても大した話題にもなりませんし(もちろん自分の作品作りが拙いせいもあるとは思いますが)例え評価されてもそれがいい評価とも限りませんし(これももちろん作品の拙い部分を指摘されることを覚悟で作っていますが)色々と考えると金銭を得ることで評価されるのが一番なのかなと考えています。その方が素材にかけたお金、制作にかけた時間や手間なんかが報われると思うので。売れなければその程度の評価なんだろうと諦めがつきますし。

もちろんお金を取るということはある程度のクオリティがないと駄目だとわかっていますし、生半可なことではないと思うので、そこらへんは現時点での自分の限界を超えるくらいの気持ちで制作をしています。

なので「ひとでなく、ひとでなし(仮)」が私のフリーゲーム制作の最終作になり、「温かく、暖かい冬、なのか」リメイク版がゲーム制作の最終作になる可能性が高いということです。
ただ、今はこういう考えですが、また変わる可能性がありえるので、話半分に読んでいただけるとありがたいです。



ぶっちゃけると感想も欲しいしお金も欲しい、です。

「上腕二頭筋の詩をうたえ」の動画作りました

動画作成の練習用として「上腕二頭筋の詩をうたえ」のPV的なものを作ってみました。




色々と拙い部分もありますが、こんな感じになりました↑

エンコードしてから気づいたのですが、サブキャラを数体出すところでグーリーフがいないことに気がつきました。素材としては用意したのですがうっかり忘れておりまして、入れるとなるとまただいぶいじらないといけないので、イベントCGには少し出ているのでまあいいやとして今回は立ち絵表示なしとさせていただきます。

今回、初めて動画を作ったのですが(使用したソフトはフリーソフトの「AviUtl」(http://spring-fragrance.mints.ne.jp/aviutl/)で、ある程度グラフィックソフトを使いこなしている方であればフィルタやなんかの意味も分かりやすいですし、細かい解説サイトもあるのでおすすめです。私は三日くらいで作れました。

「淫らな君へ贈る言葉は」はPVを作るかは未定です。販売サイトの作品紹介ページに載せられるのと、ゲームそのものに組み込むことも出来ますが、そこまでしている余裕があるかどうかわからないので、本体完成間近になった頃に作るかどうか考えます。



それと話は変わるのですが「温かく、暖かい冬、なのか」のリメイク版のジャンルはやっぱり男性向けの方でやろうかなと思っています。物語の開幕早々の内容が内容ですし、18禁シーンを色々試行錯誤したいので、女性向けだと厳しいかなあと。全体的な内容としては一般向けですが、該当するシーンは男性向け的なものになるという感じです。その方が私としても気持ち的に楽だと思いますし、男性向けにした方が注目度が違うと思うので。
まあ本格的に制作に着手するのは数年後になるので(「愛を一滴、欲望を二滴」もありますし…)まだ気持ちが変わる可能性もあるかもしれませんが、今はこう考えています。

今のところ制作中のものが四本と過去最多ですが、確実に順番に作り上げるので、少々お待ちください…。

コメント返信10/03

「淫らな君へ贈る言葉は」はイベントCGの下描きの五枚目を描いている最中です。一応全部で十枚なので、下描きに関しては折り返しに近い感じです。



以下、拍手コメント返信↓


ゲームのプレイ後アンケートについて

ちょっとお知らせ。

「三つ数えて恋の火をつけろ」から「上腕二頭筋の詩をうたえ」の五作でプレイ後アンケートを集計していたアンケートツクレールというサイトが、9/30でサービス終了するそうです。なので、そのサイトが終了するのをきっかけにこれらのアンケートを閉め切ろうかと思います。今月いっぱいまではアンケートを受け付けているので、答えてやろうという方はよろしくお願いします。

しかしアンケートはやめても感想などはどしどし受け付けている状態ですし、外部のサイトなどでレビュー、感想でも大歓迎です。

ゲーム制作の話ではあるけれど、雑記で

「愛を一滴、欲望を二滴」はシナリオがじわりじわりと進んでおります。


それで、この先体験版を作れるくらいまで制作が進んだら、DLsite.comに登録しようかと思っているのですが、それで考えたことが一つ。
「愛を一滴~」は乙女ゲーなので女性向けとして登録しますが、「温かく、暖かい冬、なのか」のリメイクはどうしようかということです。

それは一応男性向けとして作る予定ですので、男性向けとして登録すればいいことなのですが、プロットを書き出したり話の流れを考えたりすればするほど、女性向けでもいけるんじゃないかと思ったりもするのです。
18禁的な内容が主人公が、一人の男キャラといちゃラブする的な要素が多分にあると思うので、ある意味乙女ゲー的な部分があるかもしれないなあと感じているためです。
でも、開幕早々が輪〇シーンなのと、終盤に入ってくるあたりで恋仲になったその男キャラが自身の勝手な理由により主人公をおかしたりもするので、女性向けだとあれかなーとか思ったりもしてます。

色々考えてますが、まだまだ先のことなのでどうとも言えない状態ですが、今の段階ではちょっとした悩みになっています。
一般向けの18禁的なものがあればいいのに、と思いますし、性別でジャンル分けするのは元々好きじゃないので、色々面倒くさいなあと思ったりもしてます。

支離滅裂な考えだと思いますが、とりあえずはこんな感じで考えてます。



それと、「愛を一滴、欲望を二滴」の18禁的要素はそれなりにハードな内容かなーと思います。特に義兄ルート。
まだその該当するシーンをしっかり書いたわけではないので、これまたどうとも言えない状態ですが、こういう風にやる!と決めているので、そうなるかと。
あとは設定として、主人公はしょっぱなから義兄に対して好感度マックスです。乙女ゲーとしては異色かもしれませんが、そのことがあるからこそ物語が展開していくという風になっております。

グラフィックソフト変えてみた

つい先日、Krita Gemini(http://store.steampowered.com/app/280680/Krita_Gemini/)というグラフィックソフトを買いました。

元々はフリーソフト(https://krita.org/jp/)で、私はsteamの方で管理したかったのでそちらで買いました。

まだ慣れていないので試行錯誤の真っ最中ですが、こんな感じに描いています↓

20170604.jpg


基本フリーソフトでこれだけ機能が充実しているのはありがたいです。日本語も対応していますし。
これで慣れて、もしArtRage4よりも使いやすいと感じたら、次回作はこれで絵を描こうかとも考えています。




あと、「上腕二頭筋の詩をうたえ」誤字脱字修正したものをふりーむに上げました。バージョンは1.1です。最初のバージョンを落とされている方はそのままでもほとんど支障はないので、文章の間違いが許せないという方以外は改めて落とさなくても大丈夫です。

拍手コメント返信2

ただいま昨日届いた「天結いキャッスルマイスター」をプレイしている状態です。とりあえず一周クリアするまではゲーム制作はあまり手をつけないと思います。申し訳ないです。





以下、拍手コメント返信↓


拍手コメント返信

拍手やコメントなどのお言葉ありがとうございます。励みになっております。



以下、拍手コメント返信↓



自作品の二次創作歓迎します

長らくの間、自作品の二次創作を不可としておりましたが、それを撤回します。ファンアートでもなんでもお好きにお描きください。


なぜそうなったかの理由としましては、私個人が版権ものの二次創作をしたくなったためです。それをネット上には上げる機会は少ないとは思いますが、二次創作を不可としている人間がよそで版権物の絵を描いているという状況はおかしいと思いますし、以前よりも他人に自分の作ったものの絵を描かれたりすることに抵抗がなくなってきたためです。

ふりーむの方の説明文や作品に同梱されている説明書も書き換えの申請をしました。

考えていることがころころと変わりますが、これからもお付き合いいただければ幸いです。
Page top