FC2ブログ

このブログについて

ここは『あほちゃん』の作った同人ゲームに関する記事を書いたり、公開したりするブログです。



【ゲームダウンロード】……現在、九本のフリーゲームがあります。ダウンロードはご自由に。
【シェアウェア】……有料のゲームが一本あります。
【共同制作物】……共同制作で作ったゲームを置いています。
【ゲーム作りの話】……今まで作った、或いは今作っているゲームに関して色々書いてます。
【雑記】……その他のことを色々書いてます。
【制作中のゲームの紹介ページ】……現在二本制作中
【プロフィール】……色々書いてみました。


更新:18.12/10  「ゲーム作りの話」に新着記事
更新:18.12/03  「ゲーム作りの話」に新着記事
更新:18.11/24  「雑記」に新着記事
更新:18.11/14  「ゲーム作りの話」に新着記事
更新:18.11/07  「ゲーム作りの話」に新着記事


banner.jpg
↑バナー


<お願い>

・プレイ動画、実況等に関して

シェアウェアに関してはご遠慮願います。
フリーの方は作品を貶める目的以外ならばして下さっても構いません。ただし、事前に報告お願いします。

・二次創作に関して

歓迎します。ただし、作品の根幹を崩し過ぎるようなものはご遠慮願います。

・レビュー、感想に関して

歓迎します。報告等必要ありません。良いも悪いも含めて感じたことを良ければお聞かせください。


・Ci-enでのフォローよろしくお願いいたします。

情報の先行公開や限定公開などしております。ここでしか書かない本音も…↓
https://ci-en.jp/creator/1179
スポンサーサイト

一ルート組み込みほぼ完了

「ひとでなく、ひとでなし」のウェブルートの組み込みがほぼほぼ終わりました。あとはエンドロール的なものとエンド用のイベントCGを作ればこのルートは完了です。

話そのものは短めなのでそんなに時間がかからなかったのですが、イベントCGが少ないのでなるべく視覚的に動きをつけようと立ち絵をいろいろ動かしてみた結果、結構大変でした。画像だと動きを見せられないので、それらは公開してからのお楽しみということで。

それと、画面解像度が高いことと立ち絵がいろいろ動く分、低いスペックのPCを使っている場合、もしかしたら負荷が結構かかるのかも?しれません。私のは比較的ハイスペックなPCで作っているので(ここ最近出ている3Dのゲームが余裕で動くスペックです)ゲームをパック化して他のPCで確かめるまでちょっとわからないので、どうとも言えませんが。
まあフリーゲームですし、低スペックでも動くツールなので(対応OSが推奨でもWindows2000から動くので)大丈夫だと思います。さすがに今どきOSが2000の方はいないと思うので、問題ないとは思いますが、一応。自作品の「恋と闘いの行方は」「闇夜の男と街娘」「上腕二頭筋の詩をうたえ」「淫らな君へ贈る言葉は」が何ごともなく動いているPCなら大丈夫だと思います。それらもYU-RIS製です。(正式対応しているOSが8までですが、8.1と10でも問題なく動いているようなので、対応OSは 7/8/8.1/10にしています。それ以前のものは確かめようがないので、各自起動してみてください)

あと、主人公の立ち絵が最終的にわけあって変わります。しかし服装差分まで作っている余裕がなかったので、最後の最後でちょっとだけ違和感があります。ご了承ください。

残りのユアンルートを組み込み、その他もろもろまだ作業はありますが、思ったよりも早く組み込みができている感じなので、イベントCGさえ早く描ければ来月末までには公開できるかもしれません。飽くまで「かも」なのでわかりませんが、もう少々お待ちください。

本編組み込み中とイベントCGの分量について

「ひとでなく、ひとでなし」ですが、立ち絵がすべて描き終わり、差分も完成して組み込みができるようになりました。あと、イベントCGも二枚描けました。

ただいま立ち絵などの組み込みをしている最中ですが、出だし五分ほどの分はゲームとして作れています。しかし、キャラクター四人分を画面に表示させるのは、配置の関係や動きをつけたりの演出がすごくややこしいです。数値一つ間違えただけで立ち絵が複数出現したり、全然違う位置に移動したりするので、かなり面倒です。この手のものは紙芝居ゲーと揶揄されるかもしれませんが、それでもスクリプトを組み込む側は演出を頑張っていると思うので、キャラの動きをしっかりと見てやってください。


で、ツイッターの方で簡単に書いたことなのですが、イベントCGを大幅に減らすことにします。理由は、自身の絵の下手具合を高い解像度で見せても見せ場としても弱い、ということと、イベントCGは私にとってはご褒美的な、箸休め的な、でも盛り上がる場面で表示させるものだと思っているからです(エロゲに関してはちょっと違うと思いますが)
あとは枚数が多いとなんだかんだ言って描くのに時間がかかります。それと、時間をかけて枚数を増やしても、見栄えのいいものが描ける自信がないからです。
なので、攻略対象の最初の登場シーンと、エンドのときに表示されるものだけ描こうかなと考えております。バッドエンドは描くかどうかまだ考え中です。グッドエンドだけ描くかもしれません。

まあ自分の絵の下手さと一枚あたりに時間がかかりすぎるのが問題なのですが、こんな感じになるかと思います。ご了承ください。


基本的に組み込みは面倒だと思いますが、でもゲームとしてどんどん形になってくるのが楽しいので、今の調子なら本編の組み込みは早ければ今年中に終わると思います。あと忘れていたのが、タイトル画面です。一応頭の中では画ができあがっていますがボタンなんかも作らないといけないので(あとセーブロード画面も)来年、暖かくなる前には公開できる気がします。今冬?くらいかと。

あと今作はテストプレイヤーの募集はやめます。フリーゲームですし、そうプレイ時間の長いものではないので、そこまでやらなくてもいいかなーと考えております。今までYU-RISを使って何かしら問題が発生したことがないと思うので、早いところ公開できるのならした方がいいかと思います。一応誤字脱字はないようにテキスト読み上げソフトも使いましたし、テストプレイはしつこくやるので(うちに数台PCがあるので、それら全部で動作確認する予定です)大丈夫だと思います。まあ問題があればアップしたサイトのデータ差し替えをすればいいのかなと。

次回作の媒体をどうするか考え中

先日、ツイッターの方で次回作「愛を一滴、欲望を二滴」をゲームか小説かのどちらかにするかのアンケートを取り、つい先ほど結果が出ました。14票入り、7割ほどが18禁乙女ゲームとして望まれていることがわかりました。
Ci-enの方でもう小説に変更するような書き方をしましたが、やはりゲームとして作りたい気持ちもあり、と考えアンケートを取ったのですが、結果を受けていろいろと考えている状態です。


それで、今の考えなのですが、なんとも言えません。現時点では個人でのゲーム制作に疲れておりますが、これから先作りたいと思う気持ちが出てくる可能性もあり、また小説として出したいという気持ちの両方があるので、すごく悩ましい状態です。
「愛を一滴~」はもともと18禁乙女ゲームとして出すと散々言っていたので、その形で望まれているのは当然だと思いますし、別の形として変えて出すのはちょっと卑怯かなとも自身では思います。だったら小説とゲーム両方で出すのもいいんじゃないかとも考えましたが(現時点の考えでは小説は全年齢、ゲームは18禁)それはそれでまたややこしいかなーとかとも。
同人なんだから自分の好きなように作ればいいとは思いますが、自己完結するものではないので、今はとりあえず「ひとでなく、ひとでなし」を完成させることに注力し、それを公開したらどうするかの答えを出そうかと考えております。

もし、ゲームとして出すとなると少なくとも2~3年はかかると思いますが、小説ならもっと早いと思います。なので、早く作品が見たいと思う方がおられるのならば、小説の方がいいのかも(Ci-enの方で序盤の草案のようなものを公開しております)
考えが毎度のことながらコロコロと変わるのは大変申し訳ないですが、気長につき合ってくださると大変嬉しい限りです。

ゲーム画面一部

「ひとでなく、ひとでなし」ですが、立ち絵2種類が塗り終わり、コンフィグ画面が組み込めました。

20181109.jpg

↑ゲーム内での立ち絵表示。表情差分は結合してpngにしてあるので、まだ差分別に画像は作っておりません

20181114_2.jpg

20181114.jpg

↑コンフィグ画面。この画面を作るだけで4時間以上かかっております。しんどかったです。


立ち絵は結局左右対称含めて全部で17種類になります。これらの差分を作る作業はかなり時間がかかると思いますが、今までのように立ち絵1種類につき表情差分80~90枚も作ったりしないので、まだ少しはマシかと。表情の微妙な変化を表現したいと思って作ってきましたが、結局使わない差分も出てきたりしたので、多くても20~30枚かなと。

残りの作業はイベントCGと立ち絵。それからそれらの組み込みとセーブロード画面の作成です。こうやって書くとまだ作業はいっぱいあるので、気持ち的には早く済ませたいところです。
次回作以降のことはどうなるかわかりませんが、とりあえず早いところゲーム制作を一段落させたいので、気力があるときはやれるだけやりたいです。

立ち絵制作中

「ひとでなく、ひとでなし」ですが、ここ最近やっと絵が描けるようになったので、描けるうちにいくつか立ち絵の線画を描いて下塗りも何人分か済ませました。ただし表情差分はまだできておりません。

20181107_1.jpg

↑主人公の立ち絵。

20181107_2.jpg

↑主人公の母親の立ち絵。下半身を描くのが大変だったので、下描きはコピペしたりしてます。でも線画は一から描いております。胴体や脚は下塗りは一色ですが、完成時には他の色も入ります。

ゲーム中に全身は出ませんが、一応全部描いております。他にも二人分ほど下塗りを済ませておりまして、後日上げられるものは上げます。


ここまで来るのに時間はかかりましたが、やる気が出れば比較的早く仕上げられるような気がします。ただ、そのやる気がなかなか出ないので、難しいところですが。
あと、イベントCGは10枚以上になるかもと書いたと思うのですが、今の調子だとたぶん10枚以下になると思います。
一枚絵でみせる構図が思うように浮かばなく、浮かんでも自分の画力では描けないものだったりするのと、プレイする側からすれば10秒20秒で見終わってしまうものに、10時間も20時間もかけて描くのは割りが合わないかなあとか考えてしまって、だったらそれにあてる時間を他のことにつぎ込みたいという気持ちがあります。
もしかすると攻略対象の初登場シーンとグッドエンド時のCGのみになる可能性もあるかもしれません。そこらへんはおいおい考えて描いていきます。

ちなみに立ち絵は10種類あります。左右反転したものを含むと、15種類くらいになるかと。ツールの都合上反転した立ち絵は自分で用意しないといけないようなので、数は短編の割にはかなりあると思います。

今作は主人公を立ち絵として出すため、どうしても左右反転させたものを用意する状況になっています。これは、主人公が人外で上半身は普通の人間のように見えるため、テキストウィンドウの横などに顔を出したとしても人外感が伝わらないので、立ち絵を用意しました。手間はかかりますがゲームとしては見栄えが多少なりともよくなると思います。
もう少ししたら立ち絵を組み込んでゲーム中に表示させた場合どうなるかをやるので、そこらへんはもう少々お待ちください。

あんまり進んでません

「ひとでなく、ひとでなし」ですが、攻略対象の二人分の立ち絵下描きが描けた状態でストップしております。

20181028_1.jpg    20181028_2.jpg

20181028_3.jpg

↑がウェブの立ち絵。剣を持ってる方は反転したまま保存してしまいましたが、元に戻すの面倒なのでこのままで。

20181028_4.jpg    20181028_5.jpg



↑がユアンの立ち絵。両キャラともこんな感じになると思います。時間が経ってから見ると気になる部分が多いので、大幅修正する可能性大。あくまでこんな感じになります~ということで。


最近ちょっとあわただしくて、ゲーム制作に集中できません。それもありますが、まあいろいろとあります。それはCi-enの方に書いたので、フォローお願いいたします。



これだけではなんなので、もう少し書こうかと。

ゲーム制作を始めてもう七年経ちます。いくつも作ってきました。拙いものかもしれませんが、どれも気に入っています。作品は当時の自分の考えをよく反映していまして、ある意味日記的なものになっています(物語は完全フィクションです。日記的とは言え、ノンフィクションの入る余地はないです)
でも、自分の作品を見返すことができません。過去を振り返るようでなんか恥ずかしいからです。
制作ツールはLiveMakerからYU-RIS、次にLight.vn、で結局YU-RISに戻りました。やっぱりこのツールが一番使いやすいと思います。プレイする側からしても遊びやすいと思いますし。できる限りプレイしやすいものを、と思いながら作っているので、それが伝わっているといいなあと。まあ、ツールの使い始めは使い方がよくわかっていなかったりするので、微妙な部分もあるかと思いますが。

Ci-enの方でもいろいろ書きましたが「ひとでなく~」は完成させます。その先はなんとも言えない状況なので、あやふやです。詳しくは書けませんが今私自身があまりいい状態ではないので、ネット上で動くことがあまりないと思います。動いてもどうでもいいことしか言わないと思うので、温かい目で見守ってやってください。よろしくお願いします。

一部組み込み完了と誤字脱字修正


「ひとでなく、ひとでなし」ですが、背景と音の組み込みが終了しました。ゲームとしては一応形になっておりますが、まだコンフィグ画面やセーブロード画面はデフォルトのままなので、作っていかないといけない状態です。

で、今日たまたまツイッターを見ていて見つけたのですが、テキストを読み上げてくれるフリーソフトがあったので、それをPCに入れて誤字脱字がないかチェックしてみました。まだ共通とウェブルートしかチェックしていないのですが、いくつか誤字脱字があったので修正しました。こういうソフトの存在をよく知らなかったので、すごく便利だと思いました。
Balabolkaというソフトなので、気になる方は検索してみてください。落とせるサイトはいくつもあるようです。もしソフトを導入して何か問題があっても私は一切責任を持ちませんが。

それと、立ち絵やイベントCGですが、まだ手をつけておりません。なかなか描く気力が湧かないので、落書きでもいいので無理やりにでも描くようにするしかないようです。
今年もあと二か月と半月ほど。それまでに完成出来るよう努力していきたいと思います。テストプレイヤーはもしかしたら募集しないかもしれません。二時間かからないほどの短編ですし、早め早めに動きたいのでまだわからないですが、一応そうなるかもしれない、という感じです。ご了承ください。

地味に動いてます

先週末ちょっとバタバタしており、ゲーム制作の方少々滞っておりました。

「ひとでなく、ひとでなし」ですが、地味に制作は動いております。今現在絵が思うように描けないので、スクリプトの部分をいじっております。定義や画面設計をいじったり、それに背景や音の素材を探して組み込んで、ゲームとして少しずつ形になっています。

今作は画面解像度が上がっているので、UIの部分で残りのセーブロード画面とコンフィグ画面を作らないといけないのですが(テストプレイ中はデフォルトのままでやってます)どうしても面倒に感じてしまい、後回しになっています。それが出来さえすればUIは完成だと思います。

20181003_1.jpg

20181003_2.jpg

↑はゲーム画面で、上はメイン画面(既読文章なので色がついています)で、下はバックログ画面。少し縮小して載せています。
これらはほぼほぼ決まりです。

とりあえず今は出来る範囲での組み込みです。今年中に完成させるつもりで制作しているので、何とか間に合うよう頑張っていきます。

シナリオだけは完成

「ひとでなく、ひとでなし」ですが、ユアンルートのコメント込みの書き直しが終了し、シナリオ作業は完了いたしました。

結果、背景や音指定のコメント込みでの量になりますが(立ち絵指定は含まれておらず)テキスト量は


・共通ルート:34kb
・ウェブルート:61kb
・ユアンルート:59kb

全部で154kbとなります。総プレイ時間2時間もかからないくらいでしょうか。予想よりも少ないですが、書く時間はかなりかかっています。

ユアンルートに関してはプロットがなかなか出来上がらなく、かなりの時間を要してしまいましたが、いざシナリオを書き出すと一週間ほどで書けました。なるべくこの速さを維持したいです。
で、次は絵です。ここ最近シナリオメインで作業していて全く絵を描いていないので、なんとか頑張ってなるべく年内完成目指していきます。あと、イベントCGは10枚超えそうです。






ちなみに、こないだツイッターのサブ垢の方で呟いた2時間で10kb書けたというのは間違いでして、1時間で10kb書けた、と言うことです。プロットさえあればこの素早さで書けるのは自分でも驚きですが、その分身体への負担は大きいようです。首と右肩と右腕が痛くなりますし、頭の中の情報量のキャパが超えるんじゃないかと言うくらいに疲れました。でも出来れば最低1日10kbくらいは書けるようにしたいです。
Page top